コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引網 ひきあみ seine; dragnet

3件 の用語解説(引網の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

引網
ひきあみ
seine; dragnet

網を引いて魚類を捕獲する地引網底引網 (底引網漁業 ) などの総称。網を引寄せる引寄網と網を一定の状態で引回して海岸や船に引揚げる引回網とに分けられる。引寄網には袋網とその両翼についた袖網とから成る引網によって陸上に引揚げる地引網,海底の魚類を引入れる手繰網,錨で船を一定の場所に固定させ,網を引寄せる桁網船引網がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひき‐あみ【引(き)網/×曳き網】

水中を引き回したり、浜や船に引き寄せたりして魚を捕る網。また、その漁法。地引き網トロール網など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

引網
ひきあみ

袋状の網または同様の網の網口の左右に翼網を取り付けた運用網漁具。両翼網の先端につけた引綱で水平方向へ相当長距離引網して対象生物を入網させる。なお、漁具をさす場合の名称表記としては「曳網(ひきあみ)」とするのが正しいが、一般には「引網」が通行している。引網には船で網を引く船引網と、陸岸に網を引き寄せる地引網がある。船引網には停止した船に網を引き寄せる引寄せ網と、船を移動させて引網する引回し網がある。また、網を海底沿いに引くか、上層を泳ぐ魚類を漁獲するため水面または水面近くを引くかにより、底引網と浮引網の区別があり、網の形状により袋網、桁網、手繰網などの区別がある。桁網や手繰網は底引寄せ網に含まれ、引回し網には機船底引網、打瀬網、サンゴ網が含まれる。底引網漁業にはトロール漁業が含まれるほか、操業区域の違いによって、以西底引網漁業、沖合底引網漁業、遠洋底引網漁業などがある。
 引網類には漁業上重要なものが含まれ、大部分が底生生物(カレイ、スケトウダラ、タラ、ホッケ、ニギス、ニベ、グチ、ハモ、タチウオ、タイ、エビ、カニ、イカ、タコ、イカナゴ、メヌケなど)を漁獲対象としてつくられており、シラス、マイワシ、カタクチイワシ、スズキ、マアジ、サバ、イカナゴ、タイなど、漁獲対象に表・中層魚も含まれているのは浮引網類と地引網類のみである。引網は巻網、定置網とともに主要な漁法となっている。[笹川康雄・三浦汀介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

引網の関連キーワード底引網漁業トロール漁業船引網機船底引網漁業地引き網・地曳き網・地引網底引き網・底引網・底曳き網車引網漕ぎ網底引網地引網(地曳網)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

引網の関連情報