コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮑腸 ほうちょう

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ほうちょう【鮑腸】


大分郷土料理で、小麦粉に塩を加えて練った生地をちぎってだんご状にし、さらに細長く手でのばしたもの。1本の長さが2m以上ある。これをゆでて、つけづゆにつけて食べる。◇細長い形状をあわびの腸に見立てたことから。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

鮑腸(ほうちょう)

大分県大分市の郷土料理。小麦粉を塩と水で練った団子をアワビの腸のように細長くのばして茹でた麺。戦国時代大友宗麟の好物のアワビが不漁だった年に家臣が考案したものと伝えられる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

鮑腸の関連キーワード大分県大分市