コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮫神楽 さめかぐら

世界大百科事典 第2版の解説

さめかぐら【鮫神楽】

民俗芸能。青森県八戸市鮫に伝承される神楽。修験者によって東北地方に伝えられた神楽の一つで,広義の山伏神楽(やまぶしかぐら)に属するが,後述のように近世芸能をとり入れた独特の演目に特色がある。旧来の演目には獅子頭をまわす権現舞(ごんげんまい)に,墓で演じる《墓獅子》の曲をはじめ,三番叟,武士舞,神舞など山伏神楽に共通する演目が多い。しかし鮫の地が近世を通じて江戸や上方との交易港であったことから,神楽も歌舞伎や人形芝居など近世芸能の影響を受け,それらの芸能をとり入れた娯楽性の強い独自のレパートリーをくふうした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鮫神楽の関連情報