鱗虫(読み)ウロコムシ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鱗虫 (ウロコムシ)

動物。ウロコムシ科の海産動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うろこ‐むし【鱗虫】

〘名〙 環形動物ウロコムシ科に属する海産動物の総称。干潮線付近の石の下などに多く見られる。体は細長く、背面には隔節に鱗が対をなして並んでいるが、種類によって鱗の数が一二対、一五対、一八対、四〇~五〇対などと異なっている。

りん‐ちゅう【鱗虫】

〘名〙 うろこのある動物。龍・蛇の類。→五虫(ごちゅう)
※史記抄(1477)一一「六虫の時は龍は鱗虫ぞ。鱗虫三百六十龍為之長也」 〔漢書‐揚雄伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる