鱸半兵衛(読み)すずき はんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鱸半兵衛 すずき-はんべえ

1815-1856 江戸時代後期の蘭学者。
文化12年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。藩主徳川斉昭(なりあき)の命で,青地林宗,幡崎鼎(はたざき-かなえ)にまなぶ。藩校弘道館につとめ,蘭書を翻訳。地球儀を製作し,洋式軍艦旭日丸の建造につくした。安政3年8月30日死去。42歳。本姓は鈴木。名は重時。字(あざな)は奉卿。号は露川,金谷。著作に「万国旗章図譜」,訳書に「洋舶全誌」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android