コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居清広 とりいきよひろ

2件 の用語解説(鳥居清広の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥居清広
とりいきよひろ

江戸時代,宝暦期頃 (18世紀中期) に活躍した浮世絵師。通称,七之助。1世鳥居清満の門人。紅摺絵 (べにずりえ) の美人画,特にあぶな絵が得意で,若々しい情趣と色気で異彩を放った。主要作品『両国料理屋前傘さし美人』『中村富十郎のなかばしのおまん』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居清広 とりい-きよひろ

?-1776 江戸時代中期の浮世絵師。
初代鳥居清満(きよみつ)の門人という。宝暦のころさかんに紅摺絵(べにずりえ)をつくった。石川豊信(とよのぶ)風の美人画,またあぶな絵もかいている。安永5年死去。通称は七之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鳥居清広の関連キーワード藤原洞谷鶏冠大薩摩節国包(9代)国包(10代)是一(4代)関政辰関立志二条重良立羽不扃

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone