コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居清広 とりいきよひろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥居清広
とりいきよひろ

江戸時代,宝暦期頃 (18世紀中期) に活躍した浮世絵師。通称,七之助。1世鳥居清満の門人紅摺絵 (べにずりえ) の美人画,特にあぶな絵が得意で,若々しい情趣と色気で異彩を放った。主要作品『両国料理屋前傘さし美人』『中村富十郎のなかばしのおまん』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居清広 とりい-きよひろ

?-1776 江戸時代中期の浮世絵師。
初代鳥居清満(きよみつ)の門人という。宝暦のころさかんに紅摺絵(べにずりえ)をつくった。石川豊信(とよのぶ)風の美人画,またあぶな絵もかいている。安永5年死去。通称は七之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鳥居清広の関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android