紅摺絵(読み)べにずりえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紅摺絵
べにずりえ

浮世絵用語。墨摺絵に紅や緑などの色版を摺り重ねた板摺版画。丹絵紅絵漆絵などの筆彩色の版画に代って延享年間 (1744~48) 頃から流行。のち次第に色数を増して錦絵へと発展した。紅絵は丹絵の丹の代りに紅を筆彩色した版画で,紅摺絵とは明らかに区別される。主要作品は鳥居清満筆『坂東彦三郎曾我五郎』,鳥居清広筆『笛のけいこ』,石川豊信筆『鳥追図』,奥村政信筆『禿三幅対』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の紅摺絵の言及

【浮世絵】より

…繊弱に流れがちな画面を強化するための工夫であった。
[紅摺絵]
 以上の筆彩版画の歴史に終止符が打たれ,色摺の版画が行われ始めるのは,延享1年(1744)のことであった(大田南畝《一話一言》)。色摺版画の試みはすでに享保年間のころから俳諧を趣味とする好事家たちにより,句集の表紙絵などの私的な出版物を場として行われていた。…

※「紅摺絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紅摺絵の関連情報