コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村富十郎 ナカムラトミジュウロウ

百科事典マイペディアの解説

中村富十郎【なかむらとみじゅうろう】

歌舞伎俳優。屋号,天王寺屋。元来は上方歌舞伎名跡。初世は吉澤あやめの三男〔1719-1786〕。四世〔1908-1960〕は二代目板東彦十郎の三男で東京に生まれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかむらとみじゅうろう【中村富十郎】

歌舞伎俳優。5世まであり初世が有名。(1)初世(1721‐86∥享保6‐天明6) 安永・天明期(1772‐89)を代表する若女方。上記のほかに,1719年生れ,1725年生れとする説がある。初世芳沢あやめの三男。養父は初世中村新五郎。俳名慶子。1729年(享保14)京都の佐野川座の色子となり,江戸に下って31年に中村富十郎と名のる。34年冬京都の都万太夫座で初座本。以後三都を通じて大当りを続け,1785年(天明5)には歌舞伎一道惣芸頭の極位を占めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なかむらとみじゅうろう【中村富十郎】

(初世)(1719~1786) 江戸中期の歌舞伎俳優。屋号、天王寺屋。初世芳沢あやめの三男。当時最高位の女方で、かつ舞踊の名手。「京鹿子娘道成寺」の初演者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村富十郎
なかむらとみじゅうろう

歌舞伎(かぶき)俳優。屋号は代々天王寺屋。

初世

(1719―1786)元禄(げんろく)期(1688~1704)の名女方(おんながた)初世芳沢(よしざわ)あやめの三男。俳名慶子(けいし)。宝暦(ほうれき)~天明(てんめい)(1751~1789)にかけて活躍した代表的女方。初世中村京十郎に師事して所作事(しょさごと)を修業、美貌(びぼう)で芸域が広く、地芸にも優れていた。晩年には立役(たちやく)まで演じた。とくに『京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)』の創演者として後世に知られる。初世瀬川菊之丞(せがわきくのじょう)と並び、女方舞踊全盛期を代表する俳優でもあった。[服部幸雄]

2世

(1786―1855)3世中村歌右衛門(なかむらうたえもん)の門弟。大坂の子供芝居から出発し、しだいに実力を認められて1833年(天保4)3世中村松江から2世を襲名した。文政(ぶんせい)~天保(てんぽう)(1818~1844)のころに活躍し、幕末の上方(かみがた)劇壇を代表する名女方となる。俗に「難波(なんば)の太夫(たゆう)」とよばれた。1843年、奢侈(しゃし)の暮らしがとがめられ、大坂を追放され、堺(さかい)・京・名古屋などの芝居に出勤し、堺で没した。[服部幸雄]

3世

(1859―1901)大阪出身の女方だが、1886年(明治19)以後、東京の俳優となる。1891年に3世を継いだ。[服部幸雄]

4世

(1908―1960)2世坂東彦十郎(ばんどうひこじゅうろう)の三男。3世坂東鶴之助の時代、片岡我當(がとう)(13世片岡仁左衛門(にざえもん))らと青年歌舞伎で活躍し、1943年(昭和18)4世富十郎を襲名。第二次世界大戦後は関西歌舞伎に移り、3世中村梅玉(ばいぎょく)没後の立女方(たておやま)として重んじられた。[服部幸雄]

5世

(1929―2011)本名渡辺一(はじめ)。4世の長男。4世坂東鶴之助、6世市村竹之丞(たけのじょう)を経て、1972年(昭和47)9月、5世を襲名した。音声のさわやかさ、台詞(せりふ)術の巧みさに卓抜した才能をもつ。骨法の正しい伝統の技芸を継承し、芸域も広く、所作事にも優れる。鶴之助を名のっていた青年時代、2世中村扇雀(後の4世坂田藤十郎(さかたとうじゅうろう))とともに、武智歌舞伎(たけちかぶき)に参加して人気があり、「扇鶴時代」とよばれた。1990年(平成2)紫綬褒章(しじゅほうしょう)受章、1994年重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受け、1996年日本芸術院会員となる。[服部幸雄]
『中村富十郎著『五代目中村富十郎 五十年の芸』(1994・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中村富十郎の関連キーワード市川 団右衛門(2代目)中村四郎五郎(4代)中村 仲蔵(5代目)尾上菊次郎(2代)山村舞扇斎(初代)中村京十郎(2代)中村伝次郎(2代)中村新五郎(2代)湖出市十郎(初代)中村のしほ(初代)中村鴈治郎(3世)中村富十郎(5代)中村のしほ(2代)佐野川花妻(4代)中村富十郎(5世)市川団蔵(4代)中村大吉(3代)山下金作(2代)中村松江(3代)中村 藤之助

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android