色気(読み)イロケ

デジタル大辞泉の解説

色の加減。色の調子。色合い。「青の色気が薄い」
異性に対する関心や欲求。色情。「色気がつく」
人をひきつける性的魅力。「色気たっぷりの目つき」
愛嬌(あいきょう)。愛想。おもしろみ。風情。「色気のないあいさつ」
女性の存在。女っ気。「色気抜きの宴席」
社会的地位などに対する興味・関心。「大臣の椅子に色気を示す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 色のぐあい。色加減。色合い。また、色がついていること。
※落語・素人茶番(1896)〈四代目橘家円喬〉「御召の御色気にも流行り廃りのありまするもので」
② 性的な雰囲気や感情。
(イ) 性的魅力。また、異性を意識する感情。
※狂歌・狂歌続ますかがみ(1740)「しげらする色気がおむすにつくば山はやまどはして人をのぼらす」
※塩原多助一代記(1885)〈三遊亭円朝〉六「未だ三十七といふ年で〈略〉色気(イロケ)沢山(たっぷり)でございます」
(ロ) 特に、女性の存在。女っ気。
※浄瑠璃・用明天皇職人鑑(1705)二「色けにかつゑし此嶋なれば」
③ おもしろみ。趣。風情。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「最う直に小さ大屋をいふから色気がねへぜ」
④ あるものに対して持つ欲求、興味。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉四「博士論文なんて無趣味な労力はやるまいと思ったら、あれでも矢っ張り色気があるから可笑(をか)しいぢゃないか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色気の関連情報