コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥山芝軒 とりやま しけん

3件 の用語解説(鳥山芝軒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥山芝軒 とりやま-しけん

1655-1715 江戸時代前期-中期の漢詩人。
明暦元年11月4日生まれ。鳥山巽甫(そんぽ)の子。鳥山香軒の父。儒学をまなんだが,唐詩をこのみ,みずから詩人と称した。終生仕官せず,詩の教授に専念した。書にもすぐれた。正徳(しょうとく)5年6月11日死去。61歳。京都出身。名は輔寛。字(あざな)は碩夫。別号に入斎,鳴春。詩集に「芝軒吟稿」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鳥山芝軒

没年:正徳5.6.11(1715.7.11)
生年:明暦1.11.4(1655.12.1)
江戸時代前・中期の漢詩人。山城(京都府)伏見の人。名は輔寛,字は碩夫,通称は佐太夫。芝軒,鳴春などと号す。父鶴仙は東福門院に仕え,書家として知られた。芝軒は漢詩に長じ,終生仕えることがなかった。漢詩を儒学から独立させ,専門詩人として門戸を張った嚆矢とされる。唐風の詩を好み,弟子達を指導した。はじめ伏見豊後橋に居を構えていたが,のち大坂に移った。一門で,毎年初春・除夜の作を集めて出版するなどの活動を行い,文学の地位を上げる意味で大きな役割を果たした。息子香軒も詩人としてその名を残している。<著作>『芝軒吟稿』

(高橋昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とりやましけん【鳥山芝軒】

1655~1715) 江戸中期の漢詩人。京都の人。名は輔寛、字あざなは碩夫、芝軒は号。仕官せず唐詩を教授しながら清貧の生涯を送った。詩風は晩唐宋詩風で真情をよく伝えている。著「芝軒吟稿」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥山芝軒の関連キーワード本田昂斎扶桑集笠原雲渓小西松江菅谷帰雲鈴木始卿長禹功真部子明三縄桂林宗吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone