コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥山芝軒 とりやま しけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥山芝軒 とりやま-しけん

1655-1715 江戸時代前期-中期の漢詩人。
明暦元年11月4日生まれ。鳥山巽甫(そんぽ)の子。鳥山香軒の父。儒学をまなんだが,唐詩このみ,みずから詩人と称した。終生仕官せず,詩の教授に専念した。書にもすぐれた。正徳(しょうとく)5年6月11日死去。61歳。京都出身。名は輔寛。字(あざな)は碩夫。別号に入斎,鳴春。詩集に「芝軒吟稿」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鳥山芝軒

没年:正徳5.6.11(1715.7.11)
生年:明暦1.11.4(1655.12.1)
江戸時代前・中期漢詩人。山城(京都府)伏見の人。名は輔寛,字は碩夫,通称は佐太夫。芝軒,鳴春などと号す。父鶴仙は東福門院に仕え,書家として知られた。芝軒は漢詩に長じ,終生仕えることがなかった。漢詩を儒学から独立させ,専門詩人として門戸を張った嚆矢とされる。唐風の詩を好み,弟子達を指導した。はじめ伏見豊後橋に居を構えていたが,のち大坂に移った。一門で,毎年初春・除夜の作を集めて出版するなどの活動を行い,文学の地位を上げる意味で大きな役割を果たした。息子香軒も詩人としてその名を残している。<著作>『芝軒吟稿』

(高橋昌彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

とりやましけん【鳥山芝軒】

1655~1715) 江戸中期の漢詩人。京都の人。名は輔寛、字あざなは碩夫、芝軒は号。仕官せず唐詩を教授しながら清貧の生涯を送った。詩風は晩唐宋詩風で真情をよく伝えている。著「芝軒吟稿」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

鳥山芝軒 (とりやましけん)

生年月日:1655年11月4日
江戸時代前期;中期の漢詩人
1715年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

鳥山芝軒の関連キーワード生年月日入江若水漢文学

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android