コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥山巽甫 とりやま そんぽ

2件 の用語解説(鳥山巽甫の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

鳥山巽甫

江戸前期の歌人。名は輔忠・触、巽甫は字、号は入斉、通称は孫兵衛。初め東福門院に仕え、のち女三官顕子内親王の家司となり若狭守に任じられた。書を藤木敦直・僧寂源に学び大師流を能くしたが、のち晋唐の行草を法とし一家を成し、漢字・仮名ともに巧みにした。延宝7年(1679)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥山巽甫 とりやま-そんぽ

?-1679 江戸時代前期の書家。
鳥山芝軒(しけん)の父。東福門院およびその娘顕子(あきこ)内親王につかえる。大師流の書を藤木敦直(あつなお)とその子寂源にまなび,一家をたてた。延宝7年5月27日死去。名は輔忠。通称は孫兵衛。号は鶴仙,入斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鳥山巽甫の関連キーワード広幡前豊新山退甫佐野紹益清韓文英岡田芝斎文室宗周藤波氏守貞徳梅村源七高橋正翁

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone