コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥山巽甫 とりやま そんぽ

美術人名辞典の解説

鳥山巽甫

江戸前期の歌人。名は輔忠・触、巽甫は字、号は入斉、通称は孫兵衛。初め東福門院に仕え、のち女三官顕子内親王家司となり若狭守に任じられた。書を藤木敦直・僧寂源に学び大師流を能くしたが、のち晋唐の行草を法とし一家を成し、漢字・仮名ともに巧みにした。延宝7年(1679)歿

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥山巽甫 とりやま-そんぽ

?-1679 江戸時代前期の書家。
鳥山芝軒(しけん)の父。東福門院およびその娘顕子(あきこ)内親王につかえる。大師流の書を藤木敦直(あつなお)とその子寂源にまなび,一家をたてた。延宝7年5月27日死去。名は輔忠。通称は孫兵衛。号は鶴仙,入斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鳥山巽甫の関連キーワード鳥山入斎梅村源七鳥山芝軒

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android