コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥山香軒 とりやま こうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥山香軒 とりやま-こうけん

1687-1729 江戸時代中期の儒者。
貞享(じょうきょう)4年生まれ。鳥山芝軒(しけん)の子。京都の人。家学をうけ,詩文により名を知られた。享保(きょうほう)14年9月13日死去。43歳。名は輔門。字(あざな)は通徳。通称は孫平次,岡之助。別号に細香軒,鶴仙。著作に「香軒吟稿」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鳥山香軒の関連キーワード井原西鶴岡清兵衛インノケンティウス[11世]ゴルコンダ王国ド・コットトリアノンフォントネルヨーゼフ1世怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)東山天皇