コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥毛 トリゲ

デジタル大辞泉の解説

とり‐げ【鳥毛】

鳥の羽毛。
指物(さしもの)の竿(さお)の先や槍の鞘(さや)などを羽毛で飾ったもの。大名行列などで、先頭の者がこれを振って威勢を示した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とりげ【鳥毛】

鳥の羽毛。
指物さしものの竿の先や長槍の鞘さやの先を羽毛で飾ったもの。大名行列で先頭の者がこれを振って威勢を示した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鳥毛の言及

【槍∥鎗∥鑓】より

…塗柄としては,黒漆塗や青貝叩があり,皆朱(かいしゆ)の柄は武辺者に限られた。
[鑓の鞘]
 鞘も室町時代のころは簡単で,多くは黒漆塗であったが,しだいに長大になり,身の形式にかかわりなく,各種の形式につくって獣毛を植えて刈りそろえて〈摘毛(つみげ)〉といい,鳥の羽を植えて〈鳥毛(とりげ)〉と呼び,さらにテン,ヒョウ,トラなどの毛皮を袋として鞘を包み,上端を長く垂らして投鞘(なげざや)としたり,あるいはたたき塗などとして各自の家の標識とするに至った。そのため江戸時代の大名の持鑓はまったく儀仗化した飾り鑓で,行列用の長道具として家紋と同様,特定の形式を示すにすぎなくなった。…

※「鳥毛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鳥毛の関連キーワード鳥毛立女屏風島田 修二郎樹下美人図島田修二郎七つ道具数方庭祭室内装飾樹下美人日本美術鳥毛の槍陣羽織鳥毛鞘美人画障屛画水墨画南鳥島障屏画馬印眉墨奴踊

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥毛の関連情報