コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥海玄達 とりのうみ げんたつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥海玄達 とりのうみ-げんたつ

?-? 江戸時代中期の医師。
江戸の人。延享(えんきょう)(1744-48)のころ出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)につかえた。つねに頭に寒気をおぼえてなおらない患者に桂枝湯をのませ,入浴後に冷水を頭にかけさせると完治した。薬で頭の陽気の力をつよめたうえに,冷水で寒気をあらいながすことで回復させたのだという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例