コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥飼なす

デジタル大辞泉プラスの解説

鳥飼なす

大阪府摂津市鳥飼地区で生産されるナス。京都の「賀茂なす」に似る。やや下ぶくれの形状で、皮はやわらかく、果肉には独特の甘みがあり、煮くずれしにくい。栽培の歴史は江戸時代にさかのぼる。戦時中一時栽培が途絶えたが、同市の辻幸太郎氏が復員後に保存していた種子から栽培を再開、現在に至る。大阪府により「なにわ伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥飼なすの関連情報