コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴子菅 ナルコスゲ

2件 の用語解説(鳴子菅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なるこ‐すげ【鳴子×菅】

カヤツリグサ科の多年草。山地の渓流沿いに生え、大きな株をつくる。高さ約30センチ。葉は線形。5月ごろ、茎の頂に雄花の穂、その下に雌花の穂が連なってつき、鳴子を思わせる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なるこすげ【鳴子菅】

カヤツリグサ科の多年草。山地の渓流沿いに自生。稈は横走する根茎から叢生そうせいし、高さ約40センチメートル。葉は線形。五月頃、暗褐色を帯びた小穂が鳴子のように数個連なってつく。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone