コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴沢菜

デジタル大辞泉プラスの解説

鳴沢菜

山梨県南都留郡鳴沢村で生産されるカブ。江戸時代末期にはすでに栽培の記録がある。浅漬けなどに加工される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

鳴沢菜[根菜・土物類]
なるさわな

北陸甲信越地方、山梨県の地域ブランド。
主に南都留郡鳴沢村で生産されている。江戸時代から栽培されている蕪菜の一種。主に浅漬け加工用とされるが、乾燥させて煮物や味噌汁の具としても利用される。10月下旬から11月上旬に出荷。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

鳴沢菜の関連キーワード山梨県南都留郡鳴沢村

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android