コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴道集説 めいどうしゅうせつMing-dao ji-shuo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳴道集説
めいどうしゅうせつ
Ming-dao ji-shuo

中国,金の李純甫 (号は屏山。 1185~1231) の晩年の著書。1巻。宋代の諸儒家の説を 217種にまとめて列挙し,おのおのについて自己の見解を述べ,巻末自著の「雑説心説」を付したもの。北宋以来の儒,道,仏三教融合思想の系列に属し,これを理論づけた書であるが,基本的には仏教の華厳学の立場から儒,道二教を論じている。彼の学説一派が鳴道学派と称されたのはこの書の題名による。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

鳴道集説の関連キーワード文治イサキウス2世安徳天皇安徳天皇イーゴリ軍記安徳天皇佐藤継信平清宗平忠房平時子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android