コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳶色浮塵子 トビイロウンカ

デジタル大辞泉の解説

とびいろ‐うんか【×鳶色浮子】

ウンカ科の昆虫。体長約5ミリ。全体に淡褐色ないし暗褐色。稲などの大害虫。あきうんか。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とびいろうんか【鳶色浮塵子】

ウンカの一種。全長約5ミリメートルの長翅型と約3ミリメートルの短翅型がある。全身褐色。イネの大害虫で、特に収穫期に被害が大きいので秋ウンカともいう。日本全土と、東南アジア・インド・南太平洋にわたる広範囲に分布。 → うんか

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone