コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴨居玲 かもい れい

美術人名辞典の解説

鴨居玲

洋画家。長崎県生。金沢美術工芸大学卒。在学中に二紀展初入選、昭和24年同人に推挙される。34~36年最初のパリ滞在でジュヌパントゥール入選。40年に南米流浪を経て再びパリに渡り、ル・サロン褒賞受賞。帰国後二紀会会員となる。第12回安井賞受賞。昭和45年より52年までスペイン・フランスに滞在、この間二紀展に出品した「私の話を聞いてくれ」が文部大臣賞を受賞。常に自己を厳しく見つめ、自己の内面を執拗かつ鋭利に掘り下げる制作態度を貫いた。神戸市文化賞・兵庫県文化賞受賞。昭和60年(1985)神戸にて歿、57才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鴨居玲 かもい-れい

1928-1985 昭和時代後期の洋画家。
昭和3年2月3日生まれ。鴨居羊子の弟。昭和22年から二紀会展に出品,43年会員,48年文部大臣賞。44年「静止した刻」で安井賞受賞。56年二紀会退会。老人や酔っ払いをモチーフにえがく。昭和60年9月7日死去。57歳。長崎県出身。金沢美術工芸専門学校(現金沢美術工芸大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鴨居玲の関連情報