コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴨川踊(り) カモガワオドリ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鴨川踊
かもがわおどり

京都先斗(ぽんと)町の芸妓(げいぎ)による舞踊会。祇園(ぎおん)の「都(みやこ)をどり」に対するもので、同じ1872年(明治5)に先斗町歌舞練場で始められ、観光行事の一つになっている。太平洋戦争中は中断されたが、毎年4月、10月に各20日間余行われてきた。京都の篠塚(しのづか)流が振付けにあたってきたが、1927年(昭和2)から東京の2世若柳(わかやぎ)吉蔵にかわり、同吉朗とともに携わってきた初世尾上菊之丞(おのえきくのじょう)がのちに担当。彼の没後、65年から81年まで6世藤間勘十郎と2世菊之丞が行い、のち尾上流のみが受け持ち、今日に至っている。73年以後は5月、10月に各24日間ずつ行われていたが、99年(平成11)からは5月だけの24日間となった。[如月青子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鴨川踊(り)の関連キーワードぎおん

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android