コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先斗町 ぽんとちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先斗町
ぽんとちょう

京都市中京区東部の一地区。鴨川西岸に位置。北は三条通の南1筋目から南は四条通までの狭い地区で,歌舞練場があり,多くの料亭,茶屋が並んでいる。河原に張出した料理屋の「川床」は夏の風物詩の1つ。「ぽんと」とは,ポルトガル語の ponta (先) ,ponto (点) ,ponte (橋) と関係があり,天正年間 (1573~92) 南蛮寺がこの付近にあったことに由来するといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぽんと‐ちょう〔‐チヤウ〕【先斗町】

京都市中京区、鴨川西岸の地名。もと祇園(ぎおん)と並ぶ花街。鴨川踊り行われる歌舞練場がある。
[補説]名は、ポルトガル語のカルタ用語で先端の意の「ポント」からという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

先斗町【ぽんとちょう】

京都市中京区,鴨川の三条大橋と四条大橋の間の西側地区。寛文年間,河原が埋め立てられ,のち茶屋,旅籠(はたご)屋が密集,遊廓(ゆうかく)となった。現在も茶屋が多く,夏の川床は有名。
→関連項目京都[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ぽんとちょう【先斗町】

京都市中京区、鴨川西岸に沿う遊興街。1813年花街として公認されて以来、お茶屋・料理屋などが集中。 〔ポルトガル語のカルタ用語のポント(先端ノ意)からの名という〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕先斗町(ぽんとちょう)


京都府京都市の中心部、鴨川西岸沿いの三条・四条間をさす地域名。
19世紀初頭に花街に公認されて以来の色里で、舞妓(まいこ)などの伝統風俗が残る。その名はポルトガル語のポント(先端)、またはポンテ(橋)に由来するなど諸説ある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

先斗町
ぽんとちょう

京都市中京(なかぎょう)区、鴨(かも)川と木屋(きや)町通の間、三条通から四条通までの500メートルほどの南北に細長い区域で、祇園(ぎおん)とともに京都の代表的な花街(かがい)。1670年(寛文10)鴨川の河原を埋め立てた土地で、当時の南蛮趣味からポルトガル語のプンタ(先端)が町名の起源といわれるが、明らかでない。1813年(文化10)には遊廓(ゆうかく)として公認された。狭い石畳の道路を挟んで、茶屋やバーが軒を連ね、北端の先斗町歌舞練場では春に「鴨川をどり」が行われる。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

先斗町の関連情報