コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先斗町 ぽんとちょう

6件 の用語解説(先斗町の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先斗町
ぽんとちょう

京都市中京区東部の一地区。鴨川西岸に位置。北は三条通の南1筋目から南は四条通までの狭い地区で,歌舞練場があり,多くの料亭,茶屋が並んでいる。河原に張出した料理屋の「川床」は夏の風物詩の1つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぽんと‐ちょう〔‐チヤウ〕【先斗町】

京都市中京区、鴨川西岸の地名。もと祇園(ぎおん)と並ぶ花街。鴨川踊り行われる歌舞練場がある。
[補説]名は、ポルトガル語のカルタ用語で先端の意の「ポント」からという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

先斗町【ぽんとちょう】

京都市中京区,鴨川の三条大橋と四条大橋の間の西側地区。寛文年間,河原が埋め立てられ,のち茶屋,旅籠(はたご)屋が密集,遊廓(ゆうかく)となった。現在も茶屋が多く,夏の川床は有名。
→関連項目京都[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ぽんとちょう【先斗町】

京都市中京区、鴨川西岸に沿う遊興街。1813年花街として公認されて以来、お茶屋・料理屋などが集中。 〔ポルトガル語のカルタ用語のポント(先端ノ意)からの名という〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕先斗町(ぽんとちょう)


京都府京都市の中心部、鴨川西岸沿いの三条・四条間をさす地域名。
19世紀初頭に花街に公認されて以来の色里で、舞妓(まいこ)などの伝統風俗が残る。その名はポルトガル語のポント(先端)、またはポンテ(橋)に由来するなど諸説ある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

先斗町
ぽんとちょう

京都市中京(なかぎょう)区、鴨(かも)川と木屋(きや)町通の間、三条通から四条通までの500メートルほどの南北に細長い区域で、祇園(ぎおん)とともに京都の代表的な花街(かがい)。1670年(寛文10)鴨川の河原を埋め立てた土地で、当時の南蛮趣味からポルトガル語のプンタ(先端)が町名の起源といわれるが、明らかでない。1813年(文化10)には遊廓(ゆうかく)として公認された。狭い石畳の道路を挟んで、茶屋やバーが軒を連ね、北端の先斗町歌舞練場では春に「鴨川をどり」が行われる。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

先斗町の関連キーワード京都府京都市上京区扇町京都府京都市上京区頭町京都府京都市上京区北町京都府京都市下京区堺町京都府京都市上京区栄町京都府京都市下京区都市町京都府京都市東山区中之町京都府京都市上京区西町京都府京都市上京区二町目京都府京都市上京区東町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

先斗町の関連情報