コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網元 アミモト

デジタル大辞泉の解説

あみ‐もと【網元】

漁網・漁船などを所有し、網子(あみこ)(漁師)を雇って漁業を営む者。網主(あみぬし)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あみもと【網元】

雇用労働力を必要とする網漁業個人経営者で網主ともいい,江戸時代以降広く存在した。漁業生産の特徴は江戸時代においても,初めから商品生産として発展したことと,家族労働力では操業できない多人数の協業を必要とする漁具漁法,とくに網漁業が行われたということである。大型地引網漁業,大型定置網漁業など数十人あるいはそれ以上の協業を必要とするものが少なくなかった。これら網漁業の経営は網元による個人経営か,網組(総百姓共同のものが多かったとみられる)による共同経営かのいずれかによって行われていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あみもと【網元】

船舶や漁網などの漁具を所有し、多くの漁師を雇って漁業を営む者。網主。 → 網子あみこ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

網元
あみもと

網主・網子」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

網元
あみもと

網の所有者であり、通例漁業の経営者でもある。網主と同じで「どうもと」ともいい、地方により呼称は異なる。網元に労力を提供し、実際の仕事をするのが網子(あみこ)であり、網元と網子が封建的な身分関係にある場合が多い。日本における規模の大きい網漁業とその組織の発生はさほど古くなく、中世後期以降に求められる。日本の漁村はほとんどが沿岸漁村とよばれるものであり、半農半漁の生活を基礎としており、網の所有については本百姓と小作層の間には、格差があったが本百姓同士の間では比較的平等な権利があり、百姓網や村持網(むらもちあみ)とよばれていた。漁獲物の分配も百姓株に基づき平等に配分されていた。しかし、江戸時代後期の貨幣経済の浸透とそれによる疲弊化、また漁業技術の進歩と網の大型化によって平等に維持されてきた百姓網は衰え、在村ブルジョアジーというべき網元を中心とした漁業へと変化していった。網元と網子は、親方・子方の関係にある場合が多いが、網元は網子に住居、食物、耕作地なども与えて世話をする一方、網子は網元に隷属する。そしてその関係が何代も世襲的に継続するという所もある。また逆に双方の契約が比較的自由で1年ごとにそれを更新する所もあり、2月の船祝いや小正月とか盆とかその土地に定まった特別の儀礼の日に網元が網子を招いて酒宴を開き、そこに列席したことによって1年間の雇用関係が決定したりする。
 網元と網子の漁獲高の配分は、通常「しろわけ」とよぶ所が多く、網子同士の配分は平等が原則である。指揮者とか船頭などの特別な役割をもつものは、1人前を超えて配分されるのが普通である。網元は優秀な指揮者を求めるし、また特定の村から網子が働きにくる例も多い。網元の特権は、明治以降も漁業権制度により保護されたが、第二次世界大戦後の漁業制度の改革により、その漁業権を漁業協同組合に譲り、従来の特権的地位を失った。しかし依然として旧態を残している所もある。[野口武徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の網元の言及

【べんざし】より

…九州の海岸部の村で,漁労の指揮者あるいは網元などを指すことばとして伝承されている。主としてハツダ網の指揮者をこう呼んでいるが,熊本県御所浦島では地曳網の頭もベンザシと呼んでいる。…

※「網元」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

網元の関連情報