コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴廼屋乎佐丸

2件 の用語解説(鶴廼屋乎佐丸の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

鶴廼屋乎佐丸

紀、別号寉廼屋、姓野里氏。通称浅田屋宗兵衛。摂津桜井谷の人。五側判者。天保10年(1839)歿、80余才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴廼屋乎佐丸 つるのや-おさまる

?-1839 江戸時代後期の狂歌師。
鶴脛高女(つるのはぎ-たかめ)の夫。摂津桜井谷(大阪府)の人。江戸で五側の判者となる。のち大坂にうつり,おおくの門弟をそだてた。天保(てんぽう)10年死去。姓は野里。通称は浅田屋宗兵衛。初号は紀乎佐丸。編著に「狂歌日本風土記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鶴廼屋乎佐丸の関連キーワード千里亭藪虎鶴脛高女萩花妻花廼屋光枝春道梅員辺仁之无子神酒屋徳利緑西江悠々館湖遊四方山詠女

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone