コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴田伍一郎 つるた ごいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴田伍一郎 つるた-ごいちろう

1829-1876 幕末-明治時代の武士。
文政12年生まれ。肥後熊本藩主細川家の右筆(ゆうひつ)。林桜園(おうえん)の門人となり,明治9年10月24日太田黒伴雄(おおたぐろ-ともお),加屋霽堅(はるかた)らと熊本鎮台を攻めたが(神風連(じんぷうれん)の乱),敗れて同月自殺した。48歳。名は直好。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鶴田伍一郎の関連キーワードおもなお雇い外国人ピウス8世ユゴーロシア・トルコ戦争東欧史(年表)アメリカ音楽西部開拓史/活躍した「英雄」たちリットン秋月の乱アトランタ・ブレーブス

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android