コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹司信房 たかつかさ のぶふさ

美術人名辞典の解説

鷹司信房

江戸前期の公卿。一字名は搗。二条晴良の三男、忠冬の養子となり鷹司家を再興。仕えて従一位関白となる。明暦3年(1657)歿、93才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鷹司信房 たかつかさ-のぶふさ

1565-1658* 織豊-江戸時代前期の公卿(くぎょう)。
永禄(えいろく)8年10月25日生まれ。二条晴良の子。天正(てんしょう)7年織田信長のすすめで鷹司忠冬以後断絶していた鷹司家をついで再興。17年従一位。慶長11年から13年まで関白。後法音院太閤とよばれる。明暦3年12月15日死去。93歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone