コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹司信房 たかつかさ のぶふさ

美術人名辞典の解説

鷹司信房

江戸前期の公卿。一字名は搗。二条晴良の三男、忠冬の養子となり鷹司家を再興。仕えて従一位関白となる。明暦3年(1657)歿、93才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鷹司信房 たかつかさ-のぶふさ

1565-1658* 織豊-江戸時代前期の公卿(くぎょう)。
永禄(えいろく)8年10月25日生まれ。二条晴良の子。天正(てんしょう)7年織田信長のすすめで鷹司忠冬以後断絶していた鷹司家をついで再興。17年従一位。慶長11年から13年まで関白。後法音院太閤とよばれる。明暦3年12月15日死去。93歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

鷹司信房 (たかつかさのぶふさ)

生年月日:1565年10月25日
安土桃山時代;江戸時代前期の公家
1658年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

鷹司信房の関連キーワードお夏の方(2)秀山瑞藤徳川家光生年月日鷹司信平鷹司信尚松平信平位子女王桂昌院本理院永禄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android