コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五摂家 ごせっけ

7件 の用語解説(五摂家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五摂家
ごせっけ

摂政関白の家柄。藤原氏北家道長の流れで,近衛家九条家鷹司家一条家二条家の5家。鎌倉時代,忠通の子基実,兼実がそれぞれ近衛,九条の祖となり,兼実の孫道家の子良実,実経がそれぞれ二条,一条の祖となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ご‐せっけ【五摂家】

鎌倉時代以後、摂政関白に任じられる五つの家柄。藤原北家の流れで、近衛(このえ)九条二条一条鷹司(たかつかさ)の五家。五門。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

五摂家【ごせっけ】

摂関家(せっかんけ),摂家とも。摂政関白になるべき家柄の藤原氏のうちの近衛(このえ)家鷹司(たかつかさ)家九条家二条家一条家の5家をいう。藤原氏は忠通〔1097-1164〕のあと基実の近衛家と兼実の九条家に分かれ,近衛家からは鷹司家が,九条家からは二条家と一条家が分立した。
→関連項目一条実経一条能保

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

五摂家

鎌倉以降、摂政・関白を出すことのできた家柄。▽近衛家、九条家、二条家、一条家、鷹司家

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
とっさの日本語便利帳について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごせっけ【五摂家】

藤原氏のうち近衛,九条,二条,一条,鷹司の5家をいう。藤原氏は北家出身の良房・基経父子が摂政・関白となって以来,その子孫が相ついで摂政・関白となり,同時に氏長者を兼帯したが,このように摂政・関白を出す家を摂関家または摂家といった。ところが鎌倉時代の初頭に,源頼朝の推挙により兼実が兄基実の子基通に代わって摂政・氏長者となり,基通の近衛家に対して九条家を興した。ここに摂関家は近衛と九条に分立したが,さらに兼実の孫道家は,その子教実・良実・実経を相ついで摂関につけ,良実が二条家を,実経が一条家を興して教実の九条家と3家に分かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごせっけ【五摂家】

鎌倉時代以降、関白に任ぜられる家柄の五家。摂関家である藤原北家から分かれた近衛・九条・二条・一条・鷹司の五家をいう。五門。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五摂家
ごせっけ

藤原北家(ほっけ)の主流で、摂政(せっしょう)、関白となる5家。五つの摂関家の意。摂関家はすでに平氏政権のもとで近衛基通(このえもとみち)が摂政に推され、ついで鎌倉幕府によって九条兼実(くじょうかねざね)が摂政にあげられ、外側の政治的圧力に左右される状況となり、藤原氏の嫡流は基実(もとざね)の長子基通(近衛)と、兼実(九条)の2流に分かれた。その後、兼実の孫道家(みちいえ)は朝幕の間に勢威を振るい、教実(のりざね)(九条)、良実(よしざね)(二条)、実経(さねつね)(一条)と相次いで摂関となった。ついで摂政となった近衛兼経(かねつね)は嗣子(しし)基平(もとひら)が幼少であったので上表して弟兼平(かねひら)(鷹司(たかつかさ))に摂政を譲り、以後はこれら5家によって摂政・関白は回り持ちとなる。五摂家の確定した時期は、兼平が摂政となった1252年(建長4)10月とされる。[橋本政宣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の五摂家の言及

【鎌倉時代】より

… 九条家は勢威を失ったが,打撃を受けたのは九条家だけではなかった。九条家のライバルであった近衛家を含めて摂関家全体の地位が低下し,摂関の人事に幕府が干渉するようになったうえ,五摂家が分立し,摂関が5家でたらいまわしされるなど,摂関職はまったく形骸化した。西園寺家だけは関東申次と天皇の外戚の地位を独占し,摂関家にかわる勢威を誇った。…

【近衛家】より

藤原氏北家の嫡流,五摂家の一つ。家号は始祖基実の殿第に由来するが,また近衛大路に面する宮門号にちなんで陽明ともいう。…

【摂関家】より

…平安時代末,鳥羽天皇の践祚に当たって,天皇の外戚であった大納言藤原公実が,外戚でない摂政はいないとして,前代の関白だが外戚関係がない藤原忠実を退けてみずから摂政に就任しようとしたが,代々摂籙の子孫でない者が摂政になった例はないとしてその願いを排した。以来,天皇と外戚関係はなくとも,代々摂政・関白の子孫が摂政・関白に補任されることになり,鎌倉時代の初め,摂関家が,近衛,九条,二条,一条,鷹司の5家に分立したのちも,摂政・関白はこの五摂家より必ず補任されることになった。明治維新のさい,摂関制が廃止されたが,この5家はその後も華族の筆頭の位置にあって,1884年に華族令が制定されるや,公爵を授けられた。…

【摂関家渡領】より

…そして源平争乱の間,めまぐるしく摂関・氏長者が交替するたびに,一般家領の引渡しが問題となったが,1186年(文治2)摂関家嫡流の基通に代わって,その叔父兼実が源頼朝の後援により摂政・氏長者となるに及び,後白河院は頼朝の要求をしりぞけて,家領の大部分を基通に領有させ,兼実には4ヵ所の渡領と氏院寺領だけ譲渡させたので,氏院寺領を含む渡領と一般家領とは完全に分離するに至った。 こうして摂関家は基通の近衛家と兼実の九条家の両流に分かれ,さらに鷹司,二条,一条の3家が分立して五摂家が成立し,それぞれ家領を形成したが,佐保殿以下4ヵ所の渡領と氏院寺領は,摂関職・氏長者の交替ごとに,前任者から新任者に渡され,氏院寺領も佐保殿以下の渡領と同じく殿下渡領とよばれるようになった。ただ佐保殿以下の渡領は,のちのちまで氏院寺領とは取扱いを異にし,譲渡に際しては古来の書式に従った渡文が作成され,佐保殿は執事家司が,鹿田・方上両荘は執事および年預家司が,楠葉牧は御厩別当が知行する例になっていた。…

※「五摂家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五摂家の関連情報