コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近衛家実 このえ いえざね

2件 の用語解説(近衛家実の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近衛家実 このえ-いえざね

1179-1243* 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
治承(じしょう)3年生まれ。近衛基通(もとみち)の長男。左大臣をへて,建永元年(1206)摂政,氏長者となり,同年関白。以後23年にわたり,土御門(つちみかど),順徳,後堀河の3代の天皇の摂政,関白をつとめた。承久(じょうきゅう)3年太政大臣。従一位。仁治(にんじ)3年12月27日死去。64歳。号は猪隈(いのくま)。日記に「猪隈関白記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

近衛家実

没年:仁治3.12.27(1243.1.19)
生年:治承3(1179)
鎌倉前期の公卿。猪隈(熊)殿と号す。近衛基通の長子。12歳のとき後白河法皇の御所で元服し,叙爵。翌年従三位になり公卿に列する。その後も昇進は早く,元久1(1204)年に左大臣,翌々年に摂政,次いで関白となった。以後承久の乱(1221)前後の2カ月半を除いて,安貞2(1228)年まで摂関の地位にあった。ただし政治の実権を握ったのは貞応2(1223)年以降のことである。この年院政をしいていた後高倉上皇が没すると,鎌倉幕府は使者を京都に送り家実への支援を表明,かくて家実の施政が開始される。その政治方針は伝統に回帰することにあり,復古的で消極的な措置がとられた。承久の乱で敗北した朝廷にとり,こうした施政は何の益にもならなかった。綱紀は弛緩し,財政は悪化する一方であった。家実はこうした事態に有効な手段を講じることなく,安貞2年に九条道家に政権をあけ渡す。仁治2(1241)年出家,法名円心。猪隈殿で没した。日記『猪隈関白記』がある。

(本郷和人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の近衛家実の言及

【猪隈関白記】より

…鎌倉時代前期の公家近衛家実の日記。1197‐1217年(建久8‐建保5)の分が陽明文庫に自筆本で23巻残存。…

【宣陽門院】より

…後鳥羽上皇はその子雅成親王を女院の猶子とし,女院領の伝領をねらったが,承久の乱により女院領はいったん幕府に没収され,22年(貞応1)に返付された。その後,女院は近衛家実の女長子を養子とし,26年(嘉禄2)入内させて後堀河天皇の中宮にするなど,家実と結んで政局に介入,九条道家と競ったが敗退し,長子は29年(寛喜1)院号宣下,鷹司院と称した。 女院はすでに16年(建保4)信頼する仁和寺菩提院の行遍を通じ,別当三位家領阿波国宍咋荘を高野山蓮華乗院に寄進していたが,政争に敗退後,行遍への信任を強め,38年(暦仁1)庁分大和国平野殿荘,翌39年(延応1)別当三位家領伊予国弓削島荘を東寺に,同じく周防国秋穂二嶋荘を菩提院に寄進,東寺に供僧設置をはかる長者行遍を援助した。…

※「近衛家実」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

近衛家実の関連キーワード今城為親近衛忠熙庭田重熙清水谷実任新京極良経近衛家通近衛兼教近衛道嗣(1)近衛基輔藤原頼資

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone