コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿尾菜・羊栖菜 ひじき

大辞林 第三版の解説

ひじき【鹿尾菜・羊栖菜】

褐藻類ヒバマタ目の海藻。北海道南部から九州までの沿岸の潮間帯下部の岩上に生育。主枝は円柱形で、長さ20センチメートル~1メートル。長さ3~4センチメートルの小枝を多く出す。根は繊維状根。春から初夏、繁茂し、採集乾燥して食用とする。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鹿尾菜・羊栖菜の関連キーワード沿岸初夏生育海藻採集食用小枝

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android