コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島孝二 かしま こうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿島孝二 かしま-こうじ

1905-1986 昭和時代の小説家。
明治38年4月21日生まれ。東京下谷稲荷町にそだつ。時代の風俗をとらえたユーモア小説で知られる。昭和42年から没年まで「湘南滑稽譚(しょうなんこっけいたん)」をかきつづけ,その間の51年日本作家クラブ賞。昭和61年11月13日死去。81歳。千葉県出身。早大高等師範部卒。作品はほかに「関白マダム」「大正の下谷っ子」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鹿島孝二の関連キーワードおとこ大学 新婚教室昭和時代小説家

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android