鹿島孝二(読み)かしま こうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿島孝二 かしま-こうじ

1905-1986 昭和時代の小説家。
明治38年4月21日生まれ。東京下谷稲荷町にそだつ。時代の風俗をとらえたユーモア小説で知られる。昭和42年から没年まで「湘南滑稽譚(しょうなんこっけいたん)」をかきつづけ,その間の51年日本作家クラブ賞。昭和61年11月13日死去。81歳。千葉県出身。早大高等師範部卒。作品はほかに「関白マダム」「大正の下谷っ子」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android