コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿嶋櫲樟 かしまの くす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿嶋櫲樟 かしまの-くす

?-? 飛鳥(あすか)時代の豪族。
相模(さがみ)(神奈川県)の人。「日本書紀」によれば,持統天皇6年(692)赤烏(あかがらす)の雛(ひな)2羽を捕獲し,相模国司をとおして朝廷に献上した。その功で位と禄(ろく)をあたえられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鹿嶋櫲樟の関連キーワードあすか飛鳥豪族

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android