コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿教湯[温泉] かけゆ

百科事典マイペディアの解説

鹿教湯[温泉]【かけゆ】

長野県上田市,内村温泉郷に属する国民保養温泉。単純泉。46〜56℃。湯量豊富。研究を兼ねた温泉療養所がある。北陸新幹線上田駅からバス。
→関連項目内村温泉郷

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かけゆ【鹿教湯[温泉]】

長野県中部,小県(ちいさがた)郡丸子町にある温泉。単純泉,45℃。千曲川にそそぐ内村川の渓谷沿いにあり,霊泉寺温泉,大塩温泉とともに丸子温泉郷(内村温泉郷)を形成する。古くから神経系統に効く名湯として知られ,近年はリハビリテーションセンターなど近代的な医療施設が整備されている。鹿教湯の名は対岸にある文殊堂の菩薩が鹿に化身してこの温泉を教えたとの伝説に由来するといわれる。長野新幹線およびしなの鉄道(旧信越本線)上田駅からバスが通じ,美ヶ原への北の登山口としてもにぎわう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android