コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野新幹線(読み)ナガノシンカンセン

百科事典マイペディアの解説

長野新幹線【ながのしんかんせん】

北陸新幹線の高崎〜長野間の通称。JR東日本では開業当初〈長野行新幹線〉と表示。1998年冬季オリンピック開催のため〈フル規格〉の新幹線として建設され,1997年10月開通。東北・上越新幹線の東京〜高崎間に直通する。これにともない信越本線横川〜軽井沢間は廃止され,軽井沢〜篠ノ井間は第三セクターの〈しなの鉄道〉となった。
→関連項目碓氷峠新幹線北陸新幹線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながのしんかんせん【長野新幹線】

北陸新幹線のうち高崎~長野間の通称。JR東日本では〈長野行新幹線〉と表示している。1998年の冬季オリンピック大会開催のため,いわゆるフル規格の新幹線として建設され,97年10月に開業した。列車は東北・上越新幹線の東京~高崎間に直通する。これに伴いJR在来線の信州本線横川~軽井沢間は廃止され,軽井沢~篠ノ井間は第三セクターのしなの鉄道となった。【和久田 康雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長野新幹線
ながのしんかんせん

整備新幹線の一つである北陸新幹線のうち、先行開業した高崎(群馬県)―長野間の暫定的な通称。東日本旅客鉄道(JR東日本)の運営、営業キロ(実キロ)数117.4キロ、1989年(平成1)8月着工。当初はミニ新幹線方式での建設が考えられていた時期もあったが、1990年12月にはフル規格の新幹線としての建設が決定し、1998年冬季オリンピックの長野県での開催に合わせて、1997年10月1日開業した。2015年(平成27)3月には北陸新幹線が金沢まで延伸し、東京―長野間についても北陸新幹線とよばれることとなった。
 1997年に開業した高崎―長野間は、トンネル区間が全体の54%を占め(うち長さ5000メートル以上のトンネル6か所、最長は上田―長野間の五里ヶ峰トンネルの1万5180メートル)、また高崎―軽井沢間にはほかの新幹線にはない30‰(パーミル)の連続急勾配(こうばい)がある。同区間の開業に伴い、在来線の信越本線は、軽井沢―篠ノ井(しののい)間が第三セクターのしなの鉄道に移管され、66.7‰の急勾配区間であった横川―軽井沢間は廃止された。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長野新幹線の関連情報