コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿港 ろっこう

1件 の用語解説(鹿港の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鹿港【ろっこう】

台湾西岸中央部の港湾都市。天然の良港で,清朝時代に福建省との航路が開かれ,商業の中心地として発展した。日本統治時代に敷設された鉄道輸送網から外れたため,港としては衰退。
→関連項目辜顕栄彰化

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

鹿港の関連キーワード高雄ニューポート的矢湾メナド元山基隆兵庫馬山釜山花蓮

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone