コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彰化 ショウカ

3件 の用語解説(彰化の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうか〔シヤウクワ〕【彰化】

台湾中西部にある県。福建広東からの移民の子孫が多い。レイシブドウなどの果樹栽培が盛ん。県政府所在地の彰化市の八卦山に大仏がある。チャンホワ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

彰化【しょうか】

台湾中部の県名,市名。彰化市は県政府の所在地で台中南西方にある。台湾海峡に面する西部海岸平野を流れる大肚(たいと)渓の南岸にあり,米の集散と製糖が盛ん。貿易の要衝である鹿港が近いことから,古くから商業の中心地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

彰化
しょうか / チャンホワ

台湾中西部の市。彰化県の県政府所在地である。人口約18万。台湾最古の都市の一つで、旧称半線(はんせん)。1723年清(しん)朝が「顕彰皇化」の意を込めて改称し、県が置かれた。東に八卦(はっか)山を望み、西約10キロメートルに清末に対大陸貿易の外港として栄えた鹿港がある。土地が肥沃(ひよく)で、米、サツマイモ、豆類のほか、バナナ、パイナップル、各種柑橘(かんきつ)類などの果実や花卉(かき)の栽培が盛んである。また台湾中部の農産物の集散地として商業も盛んであり、近年では工業も発展している。[劉 進 慶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

彰化の関連キーワード嘉義台東博愛桃園台湾大地震名古屋市民会館寶覚寺台湾の先住民中国の県台湾の5大市長選

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

彰化の関連情報