コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿角装刀剣 ろっかくそうとうけん

世界大百科事典 第2版の解説

ろっかくそうとうけん【鹿角装刀剣】

鹿角を彫刻して作った把頭(つかがしら),把縁(つかぶち),鞘口(さやぐち),鞘尾(さやじり)の各部品を装着する鉄製の大刀(たち)または剣。5~6世紀の古墳から出土し,金属装具を用いる中国系の外装形式を受容する以前の,日本で独自に発達した刀剣外装である。5世紀型の鹿角装刀剣は,剣と大刀とに同一形状の装具を用いた。すなわち,把頭装具は円筒形で前端面に段を設け,後面に長方形の盲孔を穿って把木を挿入する。把縁装具は後面を広く前面を狭くした楕円錐台形の本体の背側に円柱状の突出部をとりつけた形とし,後面に鎺(はばき)に相当する部分を造りだして鞘口装具に組み合わせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鹿角装刀剣の関連キーワード刀装

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android