コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻布山水 まふさんすい

1件 の用語解説(麻布山水の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

麻布山水【まふさんすい】

正倉院宝物の麻布に描かれた墨絵山水図。州浜形(すはまがた)の島を中心に,様式化された水,草木,鳥等を抑揚のない描線で描いたもので,簡略で軽妙な筆致は後代の大和絵の先駆とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

麻布山水の関連キーワード麻布楽毅論毛彫正倉院正倉院宝物麻布で気が知れぬ画山水草画捨目師高田義男

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone