コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻布菩薩 まふぼさつ

百科事典マイペディアの解説

麻布菩薩【まふぼさつ】

正倉院宝物の麻布に描かれた墨画の雲中菩薩像。力強い墨線や頭髪等に見られる濃淡墨色による量感の表現は奈良時代の豊かな表現力を示すと同時に,唐の影響の強さを物語るもの。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

麻布菩薩の関連キーワード正倉院宝物白描画

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android