コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨色 スミイロ

4件 の用語解説(墨色の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すみ‐いろ【墨色】

書いたり染めたりした墨の色合い。ぼくしょく。
墨で文字を書かせて、その文字の墨の色で吉凶を判断する占いの方法。墨色の考え。
「向うに白き幟(のぼり)に人相―白翁堂勇斎とあるを見て」〈円朝怪談牡丹灯籠

ぼく‐しょく【墨色】

書かれたものの、墨の色つや。また、墨のように黒い色。すみいろ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すみいろ【墨色】

書いたり染めたりした墨の色合い。ぼくしょく。
墨で字を書かせ、その色合いでその人の吉凶を判断する一種の占い。墨色の考え。 「占ひ、御判-相性の考へ、見て上ませう/浄瑠璃・新版歌祭文」

ぼくしょく【墨色】

(文字や墨絵などの)すみの色。また、すみのような色。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

墨色の関連情報