コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐十郎 からじゅうろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐十郎
からじゅうろう

[生]1940.2.11. 東京
劇作家,演出家,俳優,小説家。本名大靏(おおつる)義英。明治大学文学部演劇学科卒業。1962年状況劇場を結成,主宰。劇団名の由来ともなったジャン=ポール・サルトル暗黒舞踏の影響下に,俳優の復権を叫んでそれを特権的肉体と呼び,看板女優李礼仙(現李麗仙)をはじめ,麿赤兒根津甚八,小林薫らのスターを生む。ときには官憲と衝突しながら街頭,公園,神社境内などで「紅テント」を張って公演,アングラ演劇の中心的存在となる。1987年状況劇場を解散して唐組を結成,『さすらいジェニー』(1988)で再出発した。1969年『少女仮面』で岸田国士戯曲賞受賞。作品はほかに『ジョン・シルバー』(1965),『唐版・風の又三郎』(1974)など多数。1983年に小説『佐川君からの手紙』で芥川賞受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

から‐じゅうろう〔‐ジフラウ〕【唐十郎】

[1940~ ]劇作家演出家・俳優・小説家。東京の生まれ。本名、大鶴義英(おおつるよしひで)。状況劇場を率い、紅テント公演を行うなどアングラ演劇の代表的な存在。「少女仮面」で岸田国士(くにお)戯曲賞、「泥人魚」で紀伊国屋演劇賞・鶴屋南北戯曲賞など、多くの賞を受賞。また、小説「佐川君からの手紙」で芥川賞を受賞するなど幅広く活躍。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

唐十郎【からじゅうろう】

劇作家・小説家。本名大【つる】(おおつる)義英。東京生れ。明治大学演劇学科卒。劇団状況劇場(1963年結成)を主宰。天井桟敷を主宰する寺山修司などとならんで,〈アングラ演劇(小劇場演劇)〉の旗手となった。
→関連項目朝倉摂鈴木忠志麿赤児横尾忠則

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

唐十郎 から-じゅうろう

1940- 昭和後期-平成時代の劇作家,演出家,小説家。
昭和15年2月11日生まれ。38年状況劇場を結成。紅テント公演を開始し,アングラ演劇の旗手と称される。45年「少女仮面」で「新劇岸田戯曲賞。また53年「海星(ひとで)・河童(かっぱ)」で泉鏡花文学賞,58年小説「佐川君からの手紙」で芥川賞。平成9年横浜国大教授。16年「泥人魚」で紀伊国屋演劇賞,鶴屋南北戯曲賞,読売文学賞。18年読売演劇大賞芸術栄誉賞。25年幻想的な戯曲の創作とテント公演での独創的な舞台制作に対して朝日賞。東京出身。明大卒。本名は大靏(おおつる)義英。作品はほかに「腰巻お仙」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

唐 十郎


芸名
唐 十郎

性別
男性

生年月日
1940//

血液型
O

出身地
東京都

身長
163cm

体重
67kg

靴のサイズ
25cm

職種
タレント・俳優・女優/文化人

プロフィール
東京都出身。63年『劇団状況劇場』を旗揚げ。既成の枠を超え、実験精神と独自性に富む街頭での野外劇を試みるなど、小劇場運動の先陣を切った。'82年には『佐川君からの手紙』で芥川賞を受賞し、文学における才能の評価も確立させる。主な出演作品は、戯曲『百人町』『黒手帳に頬紅を』『眠りオルゴール』、映画『日本猟奇地帯』『銭ゲバ』、テレビ『ヤンキー母校に帰る』『ハンチョウ~神南署安積班~第3シリーズ』など。

代表作品
舞台『少女仮面』(1971) / テレビ『北の国から 2002 遺言』(2002) / 著書『佐川君からの手紙』(1982)

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐十郎
からじゅうろう
(1940― )

劇作家、演出家、俳優、小説家。本名大義英(おおつるよしひで)。昭和15年2月、東京・下谷万年町生まれ。1958年(昭和33)に明治大学文学部演劇科に入学し、学生劇団「実験劇場」で俳優として活躍する。62年卒業と同時に劇団青年芸術劇場(略称は青芸)に研究生として入団するも翌年退団、その年の7月にサルトル作『恭しき娼婦』で状況劇場を旗揚げした。学生時代に唐はサルトルの大きな影響を受けていた。64年に初戯曲『23時54分「塔の下」行は竹早町の駄菓子屋の前で待っている』を上演、同年の第二作『渦巻は壁の中をゆく』以後は作と演出を兼ね始めた。67年に東京・新宿の花園(はなぞの)神社境内に紅テントをたてて『腰巻お仙・義理人情いろはにほへと篇(へん)』を上演し、やがて寺山修司の天井桟敷とともにアングラとよばれた前衛演劇の代表的な存在になった。68年に演劇論「特権的肉体論」を収載する戯曲集『腰巻お仙』を初刊行したが、俳優の身体を独特の視点で凝視したこの演劇論は、後続世代に強い影響を及ぼした。70年に『少女仮面』で岸田戯曲賞を受賞して存在を確たるものにすると同時に、『吸血姫』(1971)、『二都物語』(1972)、『唐版 風の又三郎』(1974)といった唐の戦後論ともいうべき、現在と過去を交錯させる華麗で強靭(きょうじん)なロマン劇を発表して既成の演劇界に揺さぶりをかける。一方、72年に戒厳令下の韓国・ソウルでゲリラ的に『二都物語』を、73年に『ベンガルの虎』をバングラデシュで、74年に『アラブ版 風の又三郎』を中東地域で上演したりというように、わが国では圧倒的多数の欧米志向の演劇人とはまるで異なる行動力を発揮した。82年に『佐川君からの手紙』で芥川(あくたがわ)賞を受賞して活躍の場を広げる。88年に状況劇場を解散して唐組を結成、『さすらいのジョニー』で旗揚げして現在に至るまで、例外を除き一貫して紅テント公演を続けている。なお、97年(平成9)に横浜国立大学の教授に就任。[大笹吉雄]
『『腰巻お仙』(1968・現代思潮社) ▽『唐十郎全作品集』第1~6巻(1979~80・冬樹社) ▽『唐十郎第一エッセイ集 風に毒舌』『唐十郎第二エッセイ集 豹の眼』(1979~80・毎日新聞社) ▽『さすらいのジョニー』(1988・福武書店) ▽『少女仮面・唐版 風の又三郎』(1997・白水社) ▽『特権的肉体論』(1997・白水社) ▽『秘密の花園』(1998・沖積舎) ▽『佐川君からの手紙』(河出文庫) ▽山口猛著『同時代人としての唐十郎』(1980・三一書房) ▽唐十郎著、扇田昭彦解説『人間図書館 唐十郎――わが青春放浪記』(1994・日本図書センター) ▽堀切直人著『唐十郎ギャラクシー』(1998・青弓社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の唐十郎の言及

【劇団】より

…また俳優座,民芸でも数多くの脱退者を出した。その一方,唐(から)十郎(1940‐ )らの〈状況劇場〉が63年に結成され,67年に紅(あか)テント劇場の活動を開始した。1966年には,東京早稲田の喫茶店2階の小空間をけいこ場兼用の小劇場とする鈴木忠志(ただし)(1939‐ )らの〈早稲田小劇場〉が結成され,佐藤信,串田和美らの〈自由劇場〉(正式名称は〈アンダーグラウンド自由劇場〉)も同年活動を始めた。…

【前衛劇】より

…【利光 哲夫】
[日本における新しい演劇]
 日本においても1960年代・70年代,とくに67年以降70年代前半にかけては,〈新しい演劇〉の活動がきわめて活発に行われた時期であった。具体的には,当時の新聞紙上を一種の風俗的な〈事件〉としても賑わすことの多かった,唐十郎(からじゆうろう),寺山修司あるいは鈴木忠志(ただし),佐藤信(まこと)などの活動であるが,これらは当時,〈アンダーグラウンド演劇〉あるいはしばしば略して〈アングラ演劇〉などという名前で,マスコミに総称されていた。この〈アングラ演劇〉という名称は,もとをただせば英語からの移入であるが,実際にいくつか現れた地下劇場なども念頭に置いて,その劇的想像力の上で白昼的であるよりは地下的な,体制的であるよりは反体制的な,一群の新しい演劇の全体的傾向をとらえて,ジャーナリズムが命名を行い,しだいに定着していったものと思われる。…

※「唐十郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

唐十郎の関連キーワード早稲田小劇場ジャズ大名夜を賭けて庭瀬 康二鈴木 両全松原由希子鳥山昌克岸田国士現代演劇村松友視内藤裕敬学生演劇豊川悦司工藤俊作太田省吾由比正雪吉行和子丸山厚人結城座山崎哲

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐十郎の関連情報