コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土方巽 ひじかたたつみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土方巽
ひじかたたつみ

[生]1928.3.9. 秋田
[没]1986.1.21. 東京
舞踊家。暗黒舞踏創始者。本名米山九日生(くにお。のち元藤九日生)。江口隆哉大野一雄に師事。1950年代後半から独立して公演を始め,『禁色』(1959)以後,暴力的エロチシズムを濃厚にした暗黒舞踏を開始して,ジャン・ジュネロートレアモンなどに取材した作品を発表。次いで日本の民俗的な主題に近づき,民族の暗部にある身ぶりに関心をいだいて,O脚がにまたなどの身ぶりを用いたうずくまるような動きを舞台で展開してみせた。その頃の代表作に『四季のための二十七晩』(1972),『静かな家』(1973)がある。1974年以後,自身のスタジオ「アスベスト館」で「白桃房」公演と称して,土方振り付け,芦川羊子主演による上演を続けた。門下に麿赤兒(まろあかじ)らがいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひじかた‐たつみ〔ひぢかた‐〕【土方巽】

[1928~1986]舞踏家。秋田の生まれ。本名、元藤九日生(もとふじくにお)。自らの舞踏を暗黒舞踏と称し、現代舞踏の新しい分野を切り開いた。作「禁色」「バラ色ダンス」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

土方巽【ひじかたたつみ】

舞踏家。本名米山九日夫(くにお),のち元藤姓となる。秋田市生れ。秋田工業学校卒業後,上京して江口隆哉大野一雄らに師事。1959年全日本芸術舞踊協会新人公演で三島由紀夫の小説にもとづく《禁色》を上演するが,過剰で倒錯的なエロティシズムが非難を受ける。
→関連項目渋沢竜彦中西夏之細江英公横尾忠則

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土方巽 ひじかた-たつみ

1928-1986 昭和時代後期の舞踊家。
昭和3年3月9日生まれ。大野一雄らにモダンダンスをならう。昭和34年「禁色(きんじき)」を上演,以後,暗黒舞踏派と称し,エロチシズムと暴力性を強調した作品を発表。芦川羊子らをそだてた。昭和61年1月21日死去。57歳。秋田県出身。秋田工業卒。本名は元藤九日生(くにお)。作品に「四季のための二十七晩」など。著作に「病める舞姫」。
【格言など】舞踏とは命がけでつっ立っている死体である(信条)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土方巽
ひじかたたつみ
(1928―1986)

前衛舞踊家。「舞踏」の創始者。秋田県に生まれる。工業学校卒業後、秋田で増村克子(かつこ)に師事し、上京して江口隆哉(たかや)、大野一雄(かずお)らにモダン・ダンスを習う。1959年(昭和34)『禁色(きんじき)』で倒錯したセックスと暴力を主題にして、正統モダン・ダンスと離別。「暗黒舞踏」と称し、肉体の暗部に存在するものに照明をあて、『聖公爵』『あんま』『バラ色ダンス』などを次々に発表し、時代の先端を切り開いた。68年の『肉体の叛乱(はんらん)』以降、民俗のなかにある人間の身ぶりや風景に関心を抱き、東北歌舞伎(かぶき)『四季のための二十七晩』『静かな家』などを上演。70年からは東京・目黒のアスベスト館に立てこもり、白桃房(はくとうぼう)を主宰、舞踏手芦川羊子(あしかわようこ)を中心にじみながら連続公演を打った。[市川 雅]
『土方巽著『病める舞姫』(1983・白水社) ▽土方巽著『美貌の青空』(1987・筑摩書房) ▽アスベスト館監修『土方巽舞踏写真集 危機に立つ肉体』(1987・PARCO出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

土方巽の関連キーワード江戸川乱歩全集恐怖奇形人間元藤 燁子鎌鼬美術館勅使河原宏大野 一雄矢野 英征吉岡 実3月9日榎倉康二種村季弘現代舞踊土方 巽舞踊譜麿赤児笠井叡

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土方巽の関連情報