黄なる泉(読み)キナルイズミ

デジタル大辞泉の解説

黄(き)なる泉

《「黄泉(こうせん)」を訓読みにした語》あの世。冥土(めいど)。
「苔生(お)ふる岩に千代ふる命をば―の水ぞ知るらむ」〈宇津保・藤原の君〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

き【黄】 なる 泉(いずみ)

(「黄泉(こうせん)」の訓読み) 死んだ人の霊魂が行くところ。あの世。冥土(めいど)
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「苔生ふる岩に千代ふるいのちをばきなるいづみの水ぞ知るらん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android