コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄履荘 こうりそうHuáng Lǚ zhuāng

世界大百科事典 第2版の解説

こうりそう【黄履荘 Huáng Lǚ zhuāng】

1656‐?
中国の清朝初期の科学者。江蘇の人。多数の儀器,機械を設計,製作した。気象学に関するものに,気温を測定したり薬性を検査するための一種温度計(験冷熱器),晴雨を予測するための一種の湿度計(験燥湿器)がある。後者は湿度の変化にしたがって弦線が伸縮することを利用したもので,後代毛髪湿度計と同じ原理による。すでに後漢王充は,雨が降ると琴の弦がゆるむことに気付いていたが,彼の湿度計はこうした発見にもとづく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

黄履荘の関連キーワードホイヘンス崑山集アフォンソ6世フィルメルゲン戦争パスカル(Blaise Pascal)ビーダル王国安積澹泊生田検校埋木越智越人

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android