コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湿度計 しつどけいhygrometer

翻訳|hygrometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湿度計
しつどけい
hygrometer

空気中の湿度を測定する器械。18世紀後半にはすでに使われていた。測定方式の違いにより,次のように分類される。(1) 毛髪自記(指示)湿度計 毛髪の伸縮する特性を用いる(→毛髪湿度計)。(2) 露点湿度計 塩化リチウムの吸湿性を利用し,露点を抵抗値の変化として検出し,気温との相関により湿度を求める。(3) 電気湿度計 静電容量変化を検出し,湿度を求める。(4) 通風乾湿計 乾湿球の温度差から表などにより湿度を求める。アスマン通風乾湿計,フース型乾湿計がある(→乾湿球湿度計)。気象庁相対湿度,露点,蒸気圧の観測に使用している測器は,電気式湿度計(静電容量型)である。湿度計の感部は高分子フィルム絶縁体としたコンデンサ構造となっており,この高分子フィルムの吸湿性を利用し,相対湿度の変化による静電容量の変化を電気信号に変換する。この湿度計は上部にファンをつけたステンレス製の通風筒に取り付けられ,感部付近の通風速度を 4m/sに設定してある。当初は,高層気象観測用に開発された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しつど‐けい【湿度計】

相対湿度を測定する装置。毛髪湿度計・乾湿球湿度計・露点湿度計などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

湿度計【しつどけい】

湿度を測定する測器。毛髪湿度計乾湿計露点計,電気抵抗湿度計などがある。地上の常温では通風乾湿計が取扱いが簡単で比較的精度がよく最も適している。極地や成層圏のような低温における湿度測定には露点湿度計,ラジオゾンデには電気抵抗湿度計,毛髪湿度計が使われる。
→関連項目湿度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しつどけい【湿度計 hygrometer】

空気中の湿度を測定する器械。湿度計は相対湿度計と絶対湿度計に大別される。相対湿度計のおもなものは乾湿球湿度計,毛髪湿度計,露点計,電気抵抗式湿度計である。
[乾湿球湿度計]
 乾湿計ともいう。同形同大の温度計を2本並べ,一方の感温部をガーゼで包んできれいな水で湿らせたものである。感温部の湿らせた方を湿球,他を乾球という。湿球の示度は水の蒸発のために乾球の示す気温より下がっている。湿球と乾球の示す温度差は水の蒸発量に依存しており,水の蒸発量は空気中の水蒸気圧に依存している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しつどけい【湿度計】

湿度を測る計器。乾湿球湿度計・毛髪湿度計・露点湿度計・電気湿度計などがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湿度計
しつどけい

湿度の測定器械。普通は%で表す相対湿度を対象にする。測定原理に基づいて述べると次のとおりである。
(1)乾湿計 水面からの水の蒸発は、空気が乾燥しているほど速い。乾湿計はこの原理を応用する。気温と、蒸発によって生じる温度低下を測定し、実験式を当てはめて湿度を計算する。蒸発速度は風速の影響を受けるので、一定風速を保つための通風装置が用いられる。携帯用は、発明者であるドイツの気象学者アスマンの名を冠してアスマン通風乾湿計とよばれる。簡便なわりによい測定値が得られる。
(2)露点湿度計 空気を冷却して、含まれる水蒸気が凝結する際の温度を測定する。結露の有無が判別しやすい金属面を冷却して露点温度を求め、これに対応する飽和蒸気圧を算定する。塩化リチウム露点湿度計は、ガラス繊維などに塩化リチウム水溶液をしみ込ませ、これに電気ヒーターの両極を巻き付けて加熱する。空気の蒸気圧と塩化リチウムの飽和蒸気圧とが一致する温度に達すると、ヒーターの電気抵抗が急に大きくなる。この際の温度から空気中の水蒸気圧が求められる。ヒーターに交流を用い、気温と塩化リチウムの温度を白金などの測温抵抗体を使って測定して露点温度を記録する測器はデューセルDewcelという商品名で製作され、遠隔測定用の湿度計として広く用いられるようになった。
(3)毛髪湿度計 ウシの腸膜や紙などは吸湿によって長さが伸びるが、そのような性質を利用していちばんポピュラーになったのは、毛髪の伸縮を利用した湿度計で、ポリメーターとよばれる指示型や、記録式の自記毛髪湿度計などがある。毛髪の感度は湿度が小さい場合ほどよいが、湿度が大きくなるときと小さくなるときで伸縮が異なったり、低温での動きが鈍いなどの欠点がある。ときどき通風乾湿計などと比較しながら使用するのがよい。
(4)カーボン湿度計その他 炭素の微粒子を入れた特殊な吸湿材を基板に塗ったもので、湿度が大きくなると炭素粒子の間隔が広くなり電気抵抗が増大する。水蒸気による光の吸収は波長によって異なり、赤外線は吸収されやすい。そこで、大気を通過した光を分光し、赤外線の強度比から水蒸気量を求めるのが赤外線吸収湿度計である。強い吸湿性をもつ五酸化リンを詰めた管を通して空気を吸引すると水分が除かれるので、五酸化リンの重量から吸収された水蒸気量がわかる。このほか、湿度によって電気抵抗値が変化するセラミックでつくった湿度計などもある。[篠原武次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

湿度計の関連キーワードポリメーター気象観測器具アモントン自記湿度計湿球温度計ソシュールランベルト乾球温度計感湿抵抗体湿球温度ダニエル水分計記録計黄履荘百葉箱計器露場

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湿度計の関連情報