コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄色靭帯骨化症 おうしょくじんたいこっかしょうOssification of the yellow ligament

知恵蔵miniの解説

黄色靭帯骨化症

脊髄の後ろにある椎弓と呼ばれる部分を上下に結ぶ黄色靱帯が骨化し、脊髄を圧迫する疾患。下肢の脱力しびれなどの症状が現れ、重症になると両下肢に麻痺が生じ、歩行困難になることもある。20歳以降で見られるが、40歳以降での発症が一般的である。X線検査CTスキャン(コンピューター断層検査)、MRI(磁気共鳴撮像検査)などによって診断される。原因が明らかにされていないため、消炎鎮痛剤などを投与して慎重に経過が観察される。痛みが強い場合には硬膜外ブロック注射、症状に進行が見られる場合には手術が行われることもある。

(2013-10-18)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

おうしょくじんたい‐こっかしょう〔ワウシヨクジンタイコツクワシヤウ〕【黄色×靭帯骨化症】

脊柱管の後方にある黄色靭帯が骨化するために脊柱管が狭くなり、下肢の脱力・こわばり・しびれ・痛みなどの症状が出る病気。脊柱靭帯骨化症の一種。消炎鎮痛剤神経ブロックで治療することが多いが、神経症状が強い場合には圧迫を取り除く手術も行われる。OYL(ossification of the yellow ligament)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android