黄身酢(読み)キミズ

大辞林 第三版の解説

きみず【黄身酢】

煮出し汁に少量の塩と葛粉くずこを入れ、鶏卵の黄身を加えて煮、裏ごしして適量の酢を加えたもの。魚介の肉や野菜のかけ酢とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きみ‐ず【黄身酢】

〘名〙 (「きみす」とも) 鰹節(かつおぶし)の煮出し汁に葛粉をまぜ、それに鶏卵の黄身を入れ、煮たみりんと塩を加え、これを裏ごしして適量の酢をあえたもの。魚介の肉やなますにかける。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android