コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒尾峠 くろおとうげ

2件 の用語解説(黒尾峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒尾峠
くろおとうげ

馬桑 (まぐわ) 峠ともいう。鳥取県南東部,智頭町と岡山県奈義町の県境にある峠。標高 708m。 1969年黒尾トンネルが開通。鳥取と岡山を結ぶ国道 53号線が通じている。那岐山への登山起点にもなっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒尾峠
くろおとうげ

岡山県勝田郡奈義(なぎ)町と鳥取県八頭(やず)郡智頭(ちず)町の境にある中国山地を越える峠。標高708メートル。かつての因幡(いなば)往来で、一時さびれたが、昭和40年代になってトンネルやループ橋がつくられ、国道53号が走る山陰・山陽連絡の重要路となっている。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone