コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒尾峠 くろおとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒尾峠
くろおとうげ

馬桑 (まぐわ) ともいう。鳥取県南東部,智頭町と岡山県奈義町の県境にある峠。標高 708m。 1969年黒尾トンネルが開通。鳥取と岡山を結ぶ国道 53号線が通じている。那岐山への登山起点にもなっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒尾峠
くろおとうげ

岡山県勝田郡奈義(なぎ)町と鳥取県八頭(やず)郡智頭(ちず)町の境にある中国山地を越える峠。標高708メートル。かつての因幡(いなば)往来で、一時さびれたが、昭和40年代になってトンネルやループ橋がつくられ、国道53号が走る山陰・山陽連絡の重要路となっている。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

黒尾峠の関連キーワード氷ノ山後山那岐山国定公園物見峠

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android