コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智頭町 ちづ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

智頭〔町〕
ちづ

鳥取県南東部,岡山県と接する町。千代川の上流域を占める。 1914年町制。 1954年山郷村を編入。中心集落の智頭は江戸時代は智頭街道の宿場町として発展。スギの美林が多く,製材,木工業が盛ん。河岸の小平地では,米作,果樹栽培,ウシ飼育が行なわれる。智頭西郊にある豊乗寺は国宝の絵画『普賢菩薩像』を所蔵することで有名。東部の沖ノ山,岡山県境にある西部の那岐山一帯は氷ノ山後山那岐山国定公園に属する。 JR因美線,智頭急行,国道 53号線が通じ,智頭で 373号線を分岐。面積 224.7km2。人口 7154(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

智頭町の関連キーワード鳥取県八頭郡智頭町口波多鳥取県八頭郡智頭町口宇波鳥取県八頭郡智頭町西宇塚鳥取県八頭郡智頭町東宇塚鳥取県八頭郡智頭町八河谷鳥取県八頭郡智頭町河津原鳥取県八頭郡智頭町真鹿野鳥取県八頭郡智頭町惣地鳥取県八頭郡智頭町中田鳥取県八頭郡智頭町中原鳥取県八頭郡智頭町南方鳥取県八頭郡智頭町芦津鳥取県八頭郡智頭町駒帰鳥取県八頭郡智頭町坂原鳥取県八頭郡智頭町郷原鳥取県八頭郡智頭町西谷鳥取県八頭郡智頭町早瀬鳥取県八頭郡智頭町市瀬鳥取県八頭郡智頭町新見鳥取県八頭郡智頭町埴師

智頭町の関連情報