コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒島天主堂 クロシマテンシュドウ

デジタル大辞泉の解説

くろしま‐てんしゅどう〔‐テンシユダウ〕【黒島天主堂】

長崎県佐世保市の黒島にある教会。明治35年(1902)、フランス人宣教師の指導のもと、信者によって建設された。国の重要文化財黒島教会

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

黒島天主堂の関連キーワード長崎の教会群とキリスト教関連遺産長崎県佐世保市黒島町長崎県佐世保市

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒島天主堂の関連情報