黒島天主堂(読み)クロシマテンシュドウ

デジタル大辞泉の解説

くろしま‐てんしゅどう〔‐テンシユダウ〕【黒島天主堂】

長崎県佐世保市の黒島にある教会。明治35年(1902)、フランス人宣教師の指導のもと、信者によって建設された。国の重要文化財黒島教会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒島天主堂の関連情報