コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田正郡 くろだ まさくに

2件 の用語解説(黒田正郡の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田正郡 くろだ-まさくに

1841-1920 幕末-明治時代の剣術家。
天保(てんぽう)12年生まれ。越中富山藩士。父の正好(まさよし)に駒川改心流剣術,民弥流(たみやりゅう)居合術などをまなぶ。わかいころの正郡は,榊原鍵吉も試合をさけるほどつよかったという。大正9年9月16日死去。80歳。通称は寛。号は竜心斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

黒田正郡

没年:大正9.9.16(1920)
生年:天保12(1841)
幕末明治期の剣術家。富山藩士。通称寛。竜心斎と号す。家伝の民弥流居合術,駒川改心流剣術,四心多久間四代見日流柔術,椿木小天狗流棒術などを父の黒田正好に学び,宗家を受け継ぐ。富山の地にあったため,その武名が広く知られることはなかったが,若いころ東京で榊原鍵吉に手合わせを望み,鍵吉が立ち合わなかったほどに技量は卓越していた。長男の正義,次男の泰治は共に武術にすぐれ,昭和の剣聖といわれた中山博道(1872~1958)も泰治の居合を鑽仰したとされる。<参考文献>黒田鉄山『剣術精義』

(甲野善紀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒田正郡の関連キーワード岩崎恒固岸本鍬之助小島直吉斎藤弥兵衛田宮三之助千葉一胤千葉佐那平山康吉村田与三吉留渉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone